インターネットの便利さと恐怖 もし自分が被害を受けたら

>

悪質な書き込みとその対処

悪質な書き込み

インターネットが普及するにつれて、私達の生活は様々な点において変化を遂げました。
特にいじめや嫌がらせにインターネットが使われることが多くなりました。

自分の気づかないところで、自分のことをあまり好いてはない、むしろ疎ましく思っている誰かが、インターネットに自分の悪口や罵詈雑言を書き込んでいるかも知れません。
あるいはもっとひどいならば、顔写真や住所などの個人情報を晒して苦しめようとしているかも知れません。
バカバカしいと思う人も多いと思いますが、案外このようなことは多く発生しています。
特にネットを使いこなしていると思われがち(自分でも思っている)若者の間で、このようなトラブルや犯罪が頻発しています。

悪質な書き込みへの対処

では自分に対しての悪質な書き込みを発見した場合、あるいはそういうものがあると聞いた場合、自分はどのように対処すればよいのでしょうか。

まずはサイトの管理者に連絡しましょう。
2チャンネルなどの場合はスレッドを管理している管理者、ホームページやブログの場合はサービスを提供している管理会社に連絡をし、記事や文の削除やIDの消去をお願いしましょう。
SNSの場合は「通報」という便利な制度があるので、通報し、投稿を削除してもらいましょう。

ただ個人情報などが流出させられている場合はれっきとした犯罪行為ですので、警察に相談することをおすすめします。
一度流出してしまった個人情報は二度とインターネット上から消えることはありません。
もしかすると今後何かしらのトラブルに巻き込まれてしまうことも考えなければなりません。
ですので是非警察に相談することをおすすめします。


この記事をシェアする