インターネットの便利さと恐怖 もし自分が被害を受けたら

>

インターネットが普及した社会

SNSとは

SNSはソーシャルネットワークサービスの略であり、その名前からも分かるように簡単にインターネット上でソーシャル・ネットワークを形成することができるサービスです。
一昔前ではあまりSNSは浸透しておらず、せいぜいTwitterやFacebookぐらいが有名なものでしたが、スマートフォンの普及とともにSNSも広がりはじめ、今やTwitterやFacebookはもちろんInstagramなど、様々なSNSはほとんどのスマートフォンにダウンロードされています。

SNSには文字と共に写真や動画も発信することができるので、どこか旅行に行ったときや友達と遊んだときなどに、自分の近況を簡単に友人たちと共有することが可能です。

SNSの便利な使い方

SNSは友人と近況を共有できることだけでなく、最新の情報を得ることができます。
SNSはリアルタイムに簡単に情報を共有することが可能です。
またタグ付けもできるので、自分の求める情報のみを簡単に検索・選別することが可能です。

例えばどこかで大きな事故や災害が起こってしまったとします。
このような場合でもSNSは非常に有用です。
まず情報がリアルタイムなので、今どういう状況で、自分はどうすべきなのかということを簡単に知ることができます。
もちろんリアルタイムが故に誤った情報が発信されてしまうこともありますが、多くの人が見ているので誤りは修正されることが多いです。(あくまで絶対修正されているわけではなく、多いということなので注意することは必要)
ですのでニュースなどを見るよりか簡単かつ迅速に情報を得ることができます。


この記事をシェアする